すみおのはじめてのロードバイク日記

40近い運動不足男性の、ロードバイクはじめて日記です

2018.10.03 土浦駅スタート 霞ヶ浦 1周 130km

最近は研修や天気が雨だったりで、まったく乗れていませんでしたが、久しぶりに天気も良く、風もないので思いきって霞ヶ浦一周にチャレンジしてみました。




これまでは基本的に自走でロードバイクに乗っていました。フェリーに乗ることはあっても、自転車を輪行袋に入れたことはありませんでした。そこで今回ははじめての輪行にチャレンジしました。自宅では3回練習しましたが、外でやるのは初トライなので緊張しました。でも輪行袋に詰め込むと気分も高揚してきます。



駅のそばの駐輪場で、朝早かったため誰もいなくて作業はわりとスムーズにできました。街灯もあるので明るさも確保できていたのも幸いしました。


はじめて持ってみて思ったこと、意外と重いです。駅の構内を歩くだけでも体力を削られます。階段はフロントギアが当たらないかヒヤヒヤします。他の乗客の迷惑にならないようにするための配慮も大切です。


あと早朝にも関わらず人が多い、品川駅の乗り換えがヤバかったです。

常磐線を鈍行で行こうと思いましたけど、特急券を買うことにしました。1000円だしてでも座りたかったです。そしてひたち 1号に乗車、車内がきれいでした。



到着までの間うとうとしてました。

そしてはじめて土浦駅に到着。


輪行の作業スペースもラックも更衣室も無料という驚きの仕様でした。



コインロッカーとシャワー室は有料ですが、むしろあるだけすごいことだと思います。輪行袋や着替えはコインロッカーにインします。

霞ヶ浦に出かける前に食事しようと思ったら、土浦駅はまさかの自転車のまま駅ビルに、入ることができるウルトラ仕様。駅ビル内のラックに固定して、TULLY'Sで食事してミニストップで補給ができます。ニルヴァーナ?




そしていざ霞ヶ浦へスタート。

サイクリストをとにかく歓迎するようにほぼサイクリングロードが完成しています。信号も坂もありません、一周 130kmを体力があればノンストップで駆け抜けることができるでしょう。向かい風や空腹に押されてペースダウンすることもありますが基本的に順調です。

霞ヶ浦には所々サイクリストの休憩ポイントととして公園、トイレ、サイクルラック、空気入れが設置されています、天国なのかここは?



霞ヶ浦湖畔はとにかく走りやすいです、田舎の風景も心を穏やかにしてくれます。

特徴としてとにかく平坦、ただ平坦、どこまでも平坦です。普段走る三浦半島がいかにアップダウンあるのかがわかります。



三浦半島と違って平坦なのでこいだらこいだ分進みます、スピードも乗ります。坂道や赤信号でスピードを奪われることもありません。驚きます。



そしてロードバイクに乗りはじめて 2ヶ月で積算距離が1000kmを超えました。


カエルと虫の奏でる声を聞いて、トンボとしらさぎと並走すると日も暮れてきました。例えようない色に染まる霞ヶ浦はとても美しかったです。




次は琵琶湖?

ブリーフィング

はじめての輪行の目的地を霞ヶ浦、土浦に決めました


そこに至るまで、どうやって行くかをブリーフィングします


品川を経由することになりますが、最寄りのバス停を利用すると、ラッシュ時間に近い7時に品川駅で乗り換える必要があります


はじめての輪行、10キロオーバーの愛車を担いで不馴れな品川駅を通過するのか

それなら始発の最寄り駅を利用する方法もあります


①自宅からワンボックスのタクシーで最寄り駅まで行く→困ったことにどこのタクシー会社も厭がります、迎車拒否


②最寄り駅まで2km担いで歩く→ちょっと現実的ではないかなー


③最寄り駅まで自走、そこで輪行する→これがいちばんベターな気がします


外で自転車をバラすのは勇気がいりますが、いつかは必ず通る道、覚悟を決めるしか(・ε・` )


それともがんばって混雑時の品川駅を通るのか(´Д`)

できらぁ

今日は棚卸し

人数は多いけど、忙しい訳ではない日


自分の出社時間が遅番で、明日が休み

明日の休みは自転車乗れるなーと思ったら、雨

輪行してやらぁと思ったら、札幌以外雨の予報(・ε・` )

それなら今日の遅番を利用して、自転車を乗ってやらぁと思った訳です


いろいろ買ったアイテムがまったく使えずにいました

サイクルポーチ、ドリンクホルダー、ボトル、グローブ、ネックスピーカー

この際全部使うことにしました


ルートはいつもの三浦半島一周

昨日は仕事、今日も仕事、睡眠時間をある程度確保するため、 4時起き


食事をとって、 5時に出発( ・∇・)

防寒対策にサイクルシャツをいつも着ていたのに、今日はロンTで、ところがこれが悲劇の元になるとは


秋は寒暖差が激しく、日がないときは急激に冷えます

ロンTでも寒い(T_T)

心を折られそうになりながらも、30分も走って日が出てくるとぽかぽかしてきます

久里浜港から日の出を臨むと気持ちいい気分になります

ここ最近、晴天、無風がなかったので、ちょっと無理してでも出かけて良かったなぁと感じます


ところがここからは初見殺しのデスロードが始まります


ぽかぽかして気持ちいい、風もなくて走ってて気持ちいい、天気もよくて気持ちいいと思うのもつかの間、暑い(´Д`)

そして下り坂は汗冷えする


いつもの半袖では寒いし、ロンTも×

装備は今度整えようと思う訳です

城ヶ島大橋、好き


今回のライドはずっとネックスピーカーつけてました

耳が塞がれないのはとても良かったのと、ネックスピーカー、サイクリングとしてはこれが最適です


そろそろ1000kmかぁ